解体工事って何⁉

解体 空き家解体 解体工事 お悩み例

そもそも解体工事とはどんなものでしょうか。
一言で言うと、建造物の取り壊し工事のこと、建て替えまたは新築工事をする際に、在来の建物を取り壊して撤去する工事を言います。
この解体工事ですが、ただやみくもに壊していく事は非常に危険です。
なぜなら、建築物はもともと多くの部材が繋がって一つの安定した構造体を作り上げているからです。
そのため、手順を謝ったり、安全面を考慮しないと隣接する建物を傷つけたり、最悪の場合けが人や死亡者を出してしまう恐れがあります。

解体工事 解体空き家解体

解体工事ですが、建物によって様々な解体工法があります。
ここでは木造とRC/SRC構造の場合の工法についてご紹介します。

木造住宅の場合

日本の一戸建て住宅でも数が多い木造住宅の場合の解体工事について、ご紹介します。
最近ではあるリフォーム番組で建物内部を取り壊す場面も放送されているので、見た事がある人も多いかもしれませんね。

手壊し解体

まず手壊し解体ですが、これはその名の通り、業者が人力で建物を解体する工法です。
人の手で行うので、騒音・振動はほとんど無く、「建設リサイクル法」による分別解体もほぼ完璧に実行する事が出来ます。
デメリットとしては人力のため、工期が長くなりやすくそれに伴ってコストも高くなります。
ですので、この工法は道路が狭く重機などが入れないといった特別な場合を除いてほとんど行われません。

重機併用(手壊し)

手壊し工法と重機を一緒に用いた工法です。

「建設リサイクル法」で指定された箇所及び重機を敷地内に設置する場所を確保するまでは人力で解体し、その後は重機も用いいて解体する、最も一般的な工法になります。

RC/SRC造などの場合

RC(鉄筋コンクリート)造やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造と言った、木造よりも丈夫で硬い建物を取り壊す時、もちろん人力だけでは到底壊す事は出来ませんね。
これらの構造の場合の解体工法の中で、現在主流のものをご紹介します。

圧砕(あっさい)機

これは油圧クラッシャーやショベルなどを稼動ベースマシン(「ユンボ」)に取り付けて、油圧を原動力にしてコンクリートを破砕、鉄骨や鉄筋を切断する工法になります。
圧砕機が開発された昭和50年代から現在までの主流工法になります。

 

 

解体工事ガイド 解体工事とは?正しく知識をみにつけよう より引用

タイトルとURLをコピーしました